働いてお金を稼ごうとなったら、仕事を探します。

アルバイトについて考えました

アルバイトという雇用形態について

アルバイトについて考えました 働いてお金を稼ごうとなったら、仕事を探します。仕事を探す時、雇用形態が色々あります。大きくわけると、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトとなります。まずはアルバイトからはじめてみようという人はアルバイトという雇用形態について知っておきましょう。アルバイトは正社員とは違う点が沢山あります。

まずは、保険ですが、正社員になると会社側がやってくれますがアルバイトだと自分でやらなければいけません。もちろん、アルバイトには賞与などがない場合が多いです。仕事を辞める時も退職金などもありません。このように、アルバイトは正社員のように優遇されていない点が多いので、自分が生活するのに必要だと感じている金額より、少し多めのところを探しておくとよいでしょう。

アルバイトをする目的にもよりますが、東京でひとり暮らしをするのであれば、1日10,000円を目安に探していくのが良いでしょう。1ヶ月20日働ければ20万円になります。この金額を目標にしてアルバイトを探してみましょう。20万円を1ヶ月の30日で割ると1日6666円になります。仮に6万円の家賃のところでひとり暮らしをすると、1日の家賃代は2000円です。単純に計算しただけでも1日4666円でごはんを食べたり、その他光熱費、通信費など考えてもなんとか生活できる基準です。

お役立ち情報

Copyright (C)2019アルバイトについて考えました.All rights reserved.