非正規社員の雇用が増加に当たって、アルバイトやパートに対する負荷が大きくなってきています。

アルバイトについて考えました

学生が陥りやすいアルバイトの落とし穴

アルバイトについて考えました 非正規社員の雇用が増加に当たって、アルバイトやパートに対する負荷が大きくなってきています。ほとんど正社員がいない中で、非正規雇用社員が責任を負う仕事に付いている職場も少なくありません。特に若くて体力のある学生アルバイトに対する期待は大きいです。

しかも時間給をさほど高くしなくてもよいというメリットのために、特に多く募集しているところもあります。そして最近では高校卒業後の進学の率も上がり、両親の収入はこの不景気のために伸び悩んでるにも関わらず、教育費は増加する一方です。そのために奨学金を利用したり、学費の一部を学生自身で賄ったりする家庭も少なくありません。当然就学中のアルバイトは必須になってきます。以前のように遊ぶ金だけを稼げばよいというわけにはいかなくなっています。止むを得ず働かなければならない学生は、企業にとってはもってこいです。無理な労働や過度な責任を負わせながら、低賃金で働かせているところもあります。

あくまでも勉強が本業で、それの空いた時間にアルバイトをするというわけにはいかなくなってきています。しかし、本業である勉強に影響を及ぼすような働き方は、断固として断るべきです。その為の意思表示もしっかりとしていく必要があります。

Copyright (C)2019アルバイトについて考えました.All rights reserved.